~週刊のんたん~
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーダー引退を考えた ~後編~
2012-01-29 (日) | 編集 |
後編です。
ここまでの経緯については、前編をご覧ください。


最悪の時期を脱出する方法について。
結論から言うと特効薬は存在しないと思います。
「まずはこれをやってみよう」という1つ1つの小さなステップの積み重ねで、
少しずつ自信を取り戻していき、ようやく最悪期を抜け出すことができた。
私の場合はそんな感じでした。

もう少し具体的に、書いてみます。

1、落ちるところまで落ちる。(これは大事)
2、「さすがにこんな生活ばかりしていられない!」という気持ちになる。
3、「これだったら自分でもやる気がおきる」ことを探し、やってみる。
4、それがどん底の自分を変える「小さなきっかけ」になるかも。
   ※1~4は、繰り返しの試行錯誤が数回必要になるかと思います。


「小さなきっかけ」についても少し書いてみたいと思います。
私の場合は、1冊の本との出会いでした。
オリバーベレスの著書『デイトレード』です。

51YtPDX+F8L__SS500_.jpg

正直、ページ数が多かったですが、今まで読んだどの本よりも勉強になりました。
私が影響を受けた言葉を、本より抜粋し要約します(主に第3章より)


成功したトレーダーで敗北の苦しみと痛みを知らない者はいない。
すべての敗北は次への準備である。敗北は「勝利の母」である。
すべての負け方を知ったうえで、初めて勝ち方を学ぶのだ。
失敗するたびに這い上がる決意があり、困難が生じるたびにさらに不屈の闘志をもって
立ち向かうトレーダーにしか進歩はない。これを学び、実行することだ。



私はこれを読み、自分がどうして負けたのか、徹底的に分析しました。
すると、トレードのあらゆる点で、問題点が次々と出てきました。
それをノートに書き留めて、相当強い意志をもって対策を立て実行しました。
時間はかかりましたが、徐々にリズムを取り戻すことができました。

以前に記事にしたトレードルールと座右の銘は、そのときに新しく作り直したものです。
私にとっては、当時も今もトレードをするうえで何よりも重要な指針となっています。


ふぅ~。書き終えました(;一_一)

この出来事、この記事はどうしても書きたい内容でした。
私のトレーダー生活で最も苦しく、辛い出来事だったからです。


最後に今現在、相場で勝てなくてどん底を味わっている方へ。
負けトレードを徹底的に分析し、敗因を探してみてください。
そして、敗因が見つかったら対策として、マイルールを作ってみてください。
それを必ず守り実行すること。ここには相当な意志の強さが必要で、自分との戦いです。
しかし、自分の弱さに勝つことができれば、大きなレベルアップをすることができます。
どん底を経験し克服した私からのメッセージです。少しでも参考になれば嬉しい限りです。


前編・後編に及ぶ長い文章になりました。
読んでくださってありがとうございました☆




皆さんの1クリックが何よりの励みになります(*^O^*)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。